低身長 幼児


低身長は小さい子供の幼児から改善した方がいい?

子供の低身長は親としてはとても心配なものですね。
これから成長期・発育期に入っても、思ったより背が伸びないのではないか・・など、不安になったりするものです。

 

子どもといっても中学生・高校生ぐらいの年齢で身長を気にする場合もあれば、小さい子供の幼児ぐらいのときから低身長対策をするかどうか考える親御さんもいます。

 

どちらにしても、身長がスクスク伸びるのは主に成長期の間になりますし、すっかり大人になってしまってからでは遅いこともあります。
今のうちに低身長を改善するための対策をすることは、幼児のような、これからの子供にとっても大事なことでしょう。

 

では、具体的にどういう低身長対策をすればいいでしょうか?
身長に関係している栄養は、主にカルシウムになりますね。
カルシウムを食事から摂るためには、牛乳を飲んだり魚類を食べたりするといいという話です。

 

あとは、アルギニンが含まれる食品を食べさせてあげるのも効果的とのことですね。
アルギニンというのはアミノ酸の一種で、肉類、魚類、豆類などに豊富に含まれています。

 

なので、小さな幼児にも幅広い食事の献立を作ってあげるといいですね。

 

ただ、それらだけを食べていても単に身長を伸ばす効果みたいなのは期待できないと思われます。
低身長を解決するためには、栄養バランスも考えないといけないからです。

 

幼稚園生から小学生低学年ぐらいまでの幼児になると、お魚などは嫌いな子供も多いですし、なかなか食事からだけでは難しいのかもしれません。